親しい人だけの気楽な結婚式

結婚式と聞くとお金が心配になりますか?

結婚式をするかどうかで迷っているという話も最近はよく聞きます。結婚式にお金をかけるなら旅行に行きたい、マイホームのために貯めたいなどと考える人も多いようです。
しかし、結婚式は一つのけじめにもなります。自分たちが結婚したということを報告する意味もありますし、自分たちの思い出の日になるのは間違いありません。口には出さずとも女性の親は娘の花嫁姿をみたいという思いがあるもの。
挙式した夫婦のほうが離婚率が低いというデータもあります。結婚式のような特別な日の思い出は、夫婦の絆を深めます。
お金を貯めたいという理由だけで挙式をやめてしまうのはちょっともったいないと思います。
お金が気になるなら、自分たちの大切な人たちだけを読んで式だけあげるのもおすすめです。

身内だけで行う式や親しい友人だけを招くスタイルもあります

結婚式はお金がかかるというイメージですが、たくさんの人を呼んで、お色直しの回数を増やしたり、派手な催しをすると金額はどうしてもかさんでしまいます。
逆に少人数でアットホームな雰囲気にすると予算を抑えることもできます。
私が式を挙げた神社は10万円で挙式ができました。もちろん、白無垢代などは別でしたが、手が出ない金額ではないと思います。
披露宴まで行うにしても、少人数なら全体のお金も少なくて済みます。その分質の高い料理や来てくださる方と親密にお話しできるプランなどが組めます。親密な関係性の人たちに囲まれてお互い気楽に、楽しい時間が過ごせます。
「お金がかかる」というイメージで挙式をためらっているなら、親族だけや仲の良い友人だけを招いて、式を挙げるというやり方もあります

結婚式は最近、少人数で行う傾向が多いです。結婚式を親族のみで行うと費用を抑えることができるのでおすすめです。